海外旅行に出発するときに、マイカーを使って自宅から空港まで行くことができれば、非常に便利です。大きくて重いスーツケースを抱えて、混雑する電車に乗るのはたいへんです。電車のなかで他の乗客に迷惑がかからないように気を配ったり、ホームからホームへスーツケースを持って移動するのは、それだけで心身ともに疲れ切ってしまします。しかし、マイカーで空港まで行くことができれば、そんな苦労ともおさらばです。また、成田空港駐車場の駐車場料金は高いと思い込んでいる人もいますが、決してそんなことはありません。よく探してみると、空港までの電車代やタクシー代とそれほどかわらない駐車料金のところもあります。海外旅行に出かける前に、しっかりと成田空港駐車場のことをリサーチしてから、空港まで電車を利用するか、それともマイカーを使うかを決めるとよいでしょう。

ターミナルに近いほど料金が安い

成田空港の敷地内には、複数箇所の駐車場があります。場所によって微妙に駐車料金が異なりますので、安さにこだわるなら駐車料金の安いエリアを選ぶとよいでしょう。ただし、成田空港駐車場は混雑することが多く、希望するエリアの駐車場が満車になっている可能性も高いので、空車のある駐車場を選ばざるをえないときもあります。一部の駐車場は、事前にインターネットまたは電話で予約することが可能なので、海外旅行の日程が決まったらすぐに駐車場の予約をしておくとよいでしょう。さて、気になる駐車料金ですが、ターミナル1やターミナル2から距離が遠いエリアの駐車場が安く、ターミナルに近いエリアの駐車料金が高くなっています。駐車料金は少し高いけど、ターミナルに近い場所を選ぶか、それともターミナルから少し離れているけれど、駐車料金の安い場所を選ぶかのどちらかです。

エリアにより1日約500円駐車料金がちがう

ターミナルに近いエリアは3.5時間以上24時間以内の駐車料金が2060円、ターミナルから少し離れているエリアは1540円になります。駐車時間が120時間、つまり5日間以内の利用の場合、1日あたり1540円か2060円のどちらかの駐車料金となっているため、その差は1日あたり約500円です。ちなみに、5日目以降の駐車料金はどちらのエリアであっても1日あたり520円となっています。この500円の差を安いと考えるか、高いと考えるかによってエリアを選ぶとよいでしょう。上記の基本料金から、利用料金が割引になる制度もあります。早朝深夜割引は、深夜または早朝に車を出庫した場合に一定金額が割引になる仕組みです。また、身体に障害がある人に適用される障害者割引制度も用意されています。