マタハラについてグローバルフロア

次なるステップを目指す方へマタハラについての情報ページです!

マタハラについての相談とは

現在働いている女性の中には、子供を授かりたいと考えている人もたくさんいるのではないでしょうか。しかし、働く女性が子供を授かることで起きるトラブルもたくさんあります。その一つとして近年問題となっているのが、マタハラについてです。マタハラとは、働く女性が妊娠や出産することで会社や職場から受ける嫌がらせのことを意味しています。一昔前は、女性は結婚や妊娠すると会社を辞めるケースが多かったですが、今では出産後に職場復帰しようと考える人が増え、働き続けることからマタハラが多くなりました。しかしマタハラを解決する方法もたくさんあります。近年では厚生労働省も大々的にマタハラの相談を受けるようになりました。一人で悩むことで得することは何一つないので、マタハラの被害にあってしまった際には、誰かに相談するようにしましょう。

なぜ起こってしまうマタハラについて

マタハラという言葉は、ニュースをはじめさまざまな場面で耳にすることが増えたのではないでしょうか。マタニティハラスメントの略で、妊娠している女性に対しての嫌がらせなどが含まれています。妊娠はとても素晴らしいことで、地域や社会みんなで応援しなければならないことなのに、なぜそうしたことが起こってしまうのでしょうか。マタハラについて、起こってしまう場所の多くが職場と言われています。妊娠しても仕事を続ける女性が増えたため、それなりに問題も増えているといわれています。職場はたくさんの人がいて、全ての人が妊娠を快く思えないこともあるでしょうし、男性は女性の気持ちを理解するのは難しいこともあるかもしれません。また妊娠すると精神的にも不安定になることもありますので、それを職場に持ち込んでしまう方もいるかもしれません。いずれにしても、お互いが理解し合える社会を作っていかなければなりません。

マタハラについて考える

マタハラと言う言葉が、近年では良く聞かれる状況となりますが、やはりマタハラについては、特に妊娠している女性に世間が冷たく接する事や、会社で働いているマタニティーの方に対してそれこそ冷たい態度を取ったりする事など、社会問題煮まで発展している状況となります。それぞれ満員電車に乗っている妊婦の方が、倒れたりするリスクなどもあったりする事で、タクシーを利用せずにこうした公共の乗り物を利用する事で、他の利用者がやはり良い気持ちにならないと言った所もあり、こうした部分でも経済的な状況で苦しい家庭などであれば、どうしても妊婦の方も病院に通う状況で公共などを利用すると言った事は仕方の無い部分となります。それぞれに理解が無い人が多い事によりマタハラについて問題もかなり多い様ですが、少子化問題の裏側にこう言った問題も多くのしかかっている様です。